2016年4月入職

菅原 麻由Mayu Sugawara大田第2事業所/介護職

学生時代は、音大でクラシック音楽を専攻していました。社会福祉に初めて関わったのは、学生時代に福祉施設で演奏をするというボランティア活動でした。介護の仕事はもちろん未経験の大学生(自分)の行動で、高齢者の方々が笑顔になってくれるのがとても嬉しくて、こういう笑顔を守れるような仕事がしたいと思うようになりました。

櫻灯会の特徴は、職員同士の仲の良さだと感じます。しっかりと仕事に向き合いながらも、わきあいあいとした雰囲気があって、職員の笑顔に共鳴して利用者様も笑ってくださることもあります。そのような意味では、「職員」と「利用者」という壁がなく、家族のような存在なのかもしれません。

入職した頃は、右も左もわからず、悩む場面もよくありました。時には、利用者様にどう接したら良いのか、自分の判断・行動は正しいのか、そんな迷いを感じることもしばしば。
それでも、そんな私の表情を察してか、上司や先輩が親身になって相談にのってくれて、どのような人が相手であっても、その人のことを想い接することが重要であると教えてくれました。

私もいつかは指導する側の上司や先輩の立場になると思いますが、その時には、職員1人1人の考え方を知り、能力を見極め、個々を尊重しながらまとめられるようなリーダーになりたいです。私を育ててくれる職場や、利用者様に感謝を忘れずに頑張ります。