2012年11月入職

小口 美幸Miyuki Oguchi日の出事業所/管理栄養士

私は元々、病院の管理栄養士でした。そこで10年の経験を積み、結婚・出産を機に退職をしました。私生活が落ち着いた頃に、子育てをしながら働ける介護施設を探して、櫻灯会に巡り合うことができました。最初はパートとして勤務をさせて頂くことができ、職場には子育てを経験した先輩方がたくさんいて、安心して働くことができました。

なぜ、介護施設への入職を希望していたのかというと、病院との違いにあります。病院はやはり、患者様の「治療」を目的とした食事がメインになるのに対し、介護施設では利用者様の「生きる・食べる楽しみを提供すること」を目的とした食事がメインとなります。
病院よりも、実際に食事をされる方々(ご利用者様)を身近に感じることができるので、食べることで元気になっていく様子を間近で見られることを嬉しく思います。

櫻灯会という法人の良さは、チャレンジできる環境だと感じています。月1回の給食課会議では若手でも意見を述べることができます。現場の調理師や栄養士の様々なアイデアを取り入れたメニュー開発やイベントを実施することができます。
日々の調理業務以外にも、色々な人と関わりながら仕事ができるところも良い点です。

管理栄養士としての立場から、櫻灯会に入職していただきたい人材を考えると、「利用者様の笑顔が見える食事を提供したいと思える人」だと思います。
大きな組織の歯車のような仕事では決してありません。自分で考えて行動していくことが大切です。利用者様を想う気持ちのある方と一緒に働けると嬉しいですね。