1999年4月入職

細谷 真由美Mayumi Hosoya日の出事業所/介護職/ケアマネジャー

櫻灯会に入職する前は、他法人の介護老人福祉施設で介護職として勤務していました。自分のキャリアアップのための転職を考え、1999年に櫻灯会に入職を決意し、4年程介護職として従事した後、5年目からはケアマネージャーとなり、現在はケアマネージャー兼介護課副主任として勤めています。

入職後20年のキャリアとなりますが、その間、結婚・出産・子育てと両立しながら働いています。育児短縮勤務も小学校入学前まで利用可能なほか、看護休暇等もあり、両立しやすい環境が整っていると感じます。また制度だけでなく、同僚たちの多くが子育てに寛容であり、困った時に助け合える人間関係があることも櫻灯会の良さです。

私の仕事は、「利用者様ご本人やご家族との相談やケアの検討」「副主任としての介護フロアー現場での調整や管理」等がありますが、最近強く思うことは『若い職員や、入職後間もない職員が働きやすくやりがいを持てるよう、支援していきたい』ということです。
私自身がこれまで受けた恩恵をしっかりと受け継いでいくこともまた重要な役割です。

利用者様にとって良い施設であり続けるためには、職員にとっても良い施設でなければなりません。利用者様と職員が共に同じ時間を過ごし、お互いに、“ここで良かった”と想い合える施設づくりを目指します。
そして、介護施設で働くことに興味のある方には是非、先入観や固定観念を捨てて、チャレンジする気持ちを大切にして欲しいと思います。介護施設には様々な職種や役割がありますので、やる気を持って努力すれば職種間異動も可能です。世の中では、仕事で一番の悩みは人間関係という話も良く聞きますが、私自身は櫻灯会でそう思ったことはありません。まずはやってみることが大切です。