2007年4月入職

寺島 貴秋Takaaki Terashima杉並事業所/介護職/主任

学生時代は、社会福祉と全く無関係な分野で学んでいました。最初の就職も、物流系の大手企業に就職。なかなかしっくりと来ない状況の中、転職活動を決意し、改めて自分のやりたい仕事について考えました。

ちょうど両親が社会福祉系の仕事に就いていたのをきっかけに、求人票を見てみることに。ちょうど「未経験でも受け入れ可」という法人が目に入り、そのまま選考を受けることを決めました。両親は「介護」の分野ではなかったので、自分はここで挑戦しようと思えたのです。

勤務経験もなく、知識もさほどなかったため、確かに不安も多くありましたが、入職してみると新人研修が手厚く、翌月の勤務表作成前には自分の希望休を申請できたり、有給もきちんととれて、上司が悩み相談に乗ってくれる等々、自分にとってはとても働きやすい環境が整っていました。
それでも入職当初はわからないことだらけで、正直心が折れそうになったことも何度もあります。その時に、話を聞いてくれたり、問題解決のアドバイスをくれた上司の存在があって、今の自分があることには本当に感謝しています。

当時の上司は今は、当法人の他施設の施設長を担い、私も介護課の主任を担う立場になりました。私自身、今度は若手の相談役になる立場にあります。より良い職場づくりに貢献できる「上司」となるべく、更に尽力していきます。

特別養護老人ホームの仕事は、利用者様の日常生活に寄り添うことに他なりません。
食事介助・排泄介助・入浴介助・・・介護職員がやるべきことは多くありますが、それを業務として捉えるのではなく、利用者様とどのような時間を共に過ごすのかと捉えること。
それが、当法人の理念や品質方針に込められているので、それに共感し、向上心を持って働ける人材であれば、必ず活躍できると思います。