2015年4月入職

伊藤 幸代Sachiyo Ito豊島事業所/介護職

大学は文学部を卒業。介護の仕事に興味を持ったのは、母と姉が「ヘルパー2級」を取得しており、祖父母が要介護認定を受けたこと等、身近な所に介護の必要性を感じたことが大きな要因でした。櫻灯会への入職を決めた理由は、職員同士の仲が良く、お互いに協力的な風土に共感できたことです。

実際に入職してみると、はじめての連続で、今まで接したことのない、認知症の方や寝たきりの方のお相手をする・・・。何をするにも不安と戸惑いを感じる日々でした。
新人のそういった様子はきっと表情から明確だったのでしょう。周りの先輩方が丁寧にサポートしてくれて、今では利用者様と接することが楽しみで、
利用者様から頂く感謝のお言葉が仕事のやりがいです。

今思うのは、就職するタイミングで、この決断ができて良かったということです。時には先を見据えた挑戦的な決断も必要だということを自らの経験を元に学びました。

介護の現場で働くためには、「人にまっすぐ向き合うこと」が不可欠だと私は思います。1人の人として向き合うこと。そういう姿勢がこの仕事をする上で大事なことではないかと私は思います。