2016年7月入職

上杉 美雪Miyuki Uesugi世田谷千歳台事業所/介護職/ケアマネジャー

私は2010年より、他法人の介護施設で介護職として勤務していました。2016年に介護支援専門員の資格を取得したことをきっかけに、それを活かせる仕事がしたいと思い、櫻灯会に応募したのです。
面接で私の要望を小林管理者にお伝えしたところ、考慮して頂けるというお返事を頂くことができ、私自身もまたグループホームは初めてで、認知症の方との関わりについて、勉強させて頂ける環境を求めていたので、すぐに決心ができました。
たとえ介護職としての採用であっても、自分の頑張り次第で道は開ける、結局は自分次第だと、率直に思えたことが決め手です。

実際に入職後約1年で、「介護支援専門員:南ユニット計画作成担当者」の役割を与えてくださり、まさにやりたい仕事の状況が整ったのです。

櫻灯会の良さとして、法人理念があります。職員1人1人が心にとめている様子が見て取れました。管理者も「笑顔には笑顔」と職員に話すことが度々あって、法人としての理念を志しつつ、世田谷事業所ならではの価値観が醸成されている。これは素晴らしい状態だと実感しました。実際、あかりのご利用者様は穏やかな笑顔をされる方が多いとも感じています。

認知症の方々と接するようになって、ますます思うことが、介護という仕事は一般の業務的作業とは全く違うということです。人と人が向き合い、お互いに楽しく、意味のある時間を共有することにあります。私たちはその”場づくり”を行っているのだと。

人に優しくあることで、自分も安らぎを得られる。そんな環境で働きたい人には、櫻灯会(世田谷事業所:グループホームあかり)が最適かもしれません。