2016年11月入職

澁川 由加利Yukari Shibukawa杉並事業所/営業職/相談員

私のキャリア(職歴)は、少し特殊かもしれません。簡単にご紹介をさせて頂くと、1990年から3年間はIT系企業でSE兼プログラマーとして勤務。出産を機に退職し14年間専業主婦。2007年から6年間は、食品会社の受発注及び管理業務を担当し、2013年から4年間は他法人の介護事業所にて事務職員(総務、介護請求)として勤務。
2008年から大学にて福祉経営学を専攻し、2014年に社会福祉士取得。
大学に編入しようと決めたきっかけは、身内の入院した病院で、相談員(社会福祉士)の存在を知り、興味を持ったことです。資格取得後、経験がないためになかなか就職先が見つからなかったのですが、「未経験でも可」とのお話を頂き、櫻灯会への入職を決めました。未経験で右も左もわからない私を丁寧に指導し、課内の連携もよく、いろいろとサポートして頂けたことには今も感謝しています。

相談員の仕事は、施設見学や利用に向けての会議や契約、電話対応等がありますが、初めて「おぎくぼ紫苑」という施設を知るという方も少なくはありません。
パンフレットや言葉だけでご理解頂くのはとても難しいことで、説明の質が求められますし、対応する私が施設の印象を伝えることになります。責任は重大です。
最初の頃は説明の不足等を指摘されたり、ご不満やお叱りを受けることもありました。そのような時には、上司や先輩と連携をはかりながら適切に対応し、1年が経過した頃から、少しずつ「利用して良かった」「また利用したい」とのお褒めの言葉や、居宅ケアマネ様よりご指名を受けることがあったり、成長とやりがいを実感できるようになっています。

未経験者の私から見た櫻灯会の特徴は、利用者様もご家族、職員も、「人」を大切にする法人です。だからこそ、「人との関わりを円滑にできる人」「大切にできる人」にとっては良い職場だと言えます。