2002年3月入職

小川 あいAi Ogawa豊島事業所/施設長

私が新卒で入社したのは、商社系子会社の委託で給食を提供する会社でした。本社勤務で、マネジメントを担うことが主な役割で、委託契約のある食堂等を定期的に訪問しては、衛生上の点検や、売上状況等を把握していく仕事です。ただ、そこでの仕事を通じて、調理の現場を知らない若手が指導する立場にいることは本意ではないと考え、転職を決意しました。
その後、自宅の近所の介護施設の栄養士として調理現場で働くことになったのですが、今後のステップアップのため、2回目の転職を決意したのです。今思えば、この経験も、その後の自分がやってはいけない1つの例として、学びとなったと思います。

櫻灯会に入職した後には、主に献立作成や栄養ケアを中心に、管理栄養士の仕事に従事することになります。社会人としては6年目くらいでしたので、まだまだ若い私に様々な機会を与えて頂くことができました。
その後、2回の産休・育休を取得して復職しているのですが、1回目の復職時には管理栄養士から総務課へ、2回目の復職時は総務課から現豊島事業所施設長へとキャリアを積んで、今に至ります。

櫻灯会は私にとって、3つ目の職場となったわけですが、最も「人」を見て、考えてくれる法人だと思います。私のそれまでの経験を踏まえて、”最善の次”を提供してくれます。
子供が小さい頃にも「子供に何かあったら、そっちを優先しなさい。仕事はこっちで何とかするから」と上司が言ってくれたり、新米施設長だったころは周囲が丁寧にサポートしてくれたり、今の私があるのはこの法人と出会ったからだと思います。