2014年4月入職

菅谷 有梨Yuri Sugaya豊島事業所/管理栄養士/ユニットリーダー

栄養学部を卒業後、新卒で入職しました。直営の管理栄養士として働きたくて、募集が出るまで待っていました。ハローワークで求人を見つけ、迷わず応募。その後、面接してくださる方々の人柄に惹かれ、内定後に迷わず入職を決断しました。

私にとって恵まれている環境として、豊島事業所の施設長(小川)も管理栄養士のため、仕事の細かな部分にまで理解頂けるという点が大きいです。
まだ未熟な私の質問や意見、新人の頃にどうしてもうまくいかないことがあった時の相談等、常に寄り添って頂きながら、色々なことに挑戦させて頂いています。

豊島事業所は私が入社した年に開設されました。私の配属が決まったのは入社してまだ2ヶ月のことです。当然、大きな不安がありましたし、実際仕事においてもわからないことだらけ。そんな不安を抱えながらも仕事を続けられたのは、「利用者様に食事を提供する」という明確な役割があったからだと思います。でも、不安が消えることはありませんでした。
これで良いのだろうか・・・と答えのない問を続けている状態でした。数か月後、心が折れそうになって、周囲の先輩達に打ち明けてみると、みなさん励ましてくださいました。
あの時の励ましや、あの時の期待が、今の私のベースになっていると思います。

そのような経験があるからこそ、不安な若手を支えられる先輩でありたいし、仕事においても早く一人前になりたいと思えるようになりました。栄養士としての一人前は、献立の管理から、栄養ケアマネジメントを完璧にこなすこと。仕事で一人前になって、施設や法人という組織創りにも積極的に参画していきたいと思っています。